世界中のあらゆる銀行のSWIFTおよびBICコード。こちらで検索!

銀行SWIFTコード検索

Wise

国でSWIFTコードを検索

  1. 米国
  2. 中国
  3. 日本
  4. ドイツ
  5. フランス
  6. 英国
  7. ブラジル
  8. ロシア
  9. イタリア
  10. インド
  11. カナダ
  12. オーストラリア
  13. スペイン
  14. 韓国
  15. メキシコ
その他の国

SWIFTコードとBICコード

SWIFTコードBICコードは、国際送金に関するISO 9362規格の一部です。SWIFTは「国際銀行間通信協会」の略称で、BICはBank Identifier Code(金融機関識別コード)の略字です。

SWIFTコードとBICコードは、国際送金を行う際に適切な口座に送金されるよう、銀行支店を識別するコードとして世界中で使用されています。SWIFTコードを調べるには、上記のフォームで国、銀行、および都市を選択してください。また、特定の国のすべてのSWIFTコードを検索することができます。


SWIFTコードの例

AAAA BB CC DDD

  • 最初の4文字 - 銀行コード(文字のみ)
  • 次の2文字 - ISO 3166-1 alpha-2国コード(文字のみ)
  • 次の2文字 - 所在地コード。消極的な参加銀行の場合、2文字目が「1」となります(文字と数字)。
  • 最後の3文字 - 支店コード。オプション - 本店は「XXX」です(文字と数字)

ご利用の銀行での海外送金のデメリット

銀行を使って送金または着金する場合、不利な為替レートで損し、その結果隠れコストを支払うことになる場合があります。これは、銀行が旧式のシステムをいまだに使用して両替しているためです。手数料等がはるかに安いWise(旧称TransferWide)のご利用をお勧めします。Wiseのスマートテクノロジーをご利用いただくと次のようなメリットがあります。

  • 有利な為替レートと安い手数料を毎回ご利用いただけます。
  • 銀行と同じか、通常は銀行以上の速さで、お金を移動することができます。通貨によっては数分で処理が完了します。
  • お金は銀行並みのセキュリティで保護されています。
  • 200万人を超えるお客様と一緒に送金しましょう。世界70か国47通貨でのお取引が可能です。

SWIFTコード - よくある質問

SWIFTコードとは何ですか?

SWIFTは国際銀行間通信協会の略称です。SWIFTコードは、銀行と決済サービスプロバイダーが国際送金取引を行う際に使用する金融機関識別コード(BIC)です。

一般的にSWIFT/BICコード(またはSWIFTコード)が言及される場合、国際送金を行うさまざまな銀行や支店を識別するために使用される8桁または11桁の番号を指しています。SWIFTネットワークを通じて海外送金を行う場合は、SWIFTコードが必要となります。

BICとは何ですか?

BICは、Business Identifier Code(金融機関識別コード)の略字です。このコードは、SWIFTが銀行や広範な金融および非金融機関に割り当てる、標準書式化された照会番号です。

海外送金または着金を行う場合には、BICコードを求められる場合があります。これは、どの銀行に送金先の講座があるかを示す8桁または11桁の番号です。BICコードはSWIFT/BICコードまたは単にSWIFTコードと呼ばれる場合もあります。

SWIFTコードとBICコードの違いは何ですか?

SWIFTはBICコードの使用を管理する発行団体ではありますが、SWIFTコード、BICコード、さらにはSWIFT/BICコードという呼称は互換的に使用されています。

自分のSWIFTコードはどこで確認できますか?

ご自分のSWIFT/BICコードを確認して送金者に伝える必要がある場合、上記の銀行SWIFTコード検索をご利用いただけます。また、友人のSWIFTコードが正しいかどうかを確認する必要がある場合は、SWIFTチェッカーツールをご利用いただけます。

自分のSWIFTコードは、オンラインバンキングにログインする、支店に電話する、または銀行からの手紙を確認するなどの方法で確認することもできます。必要な情報は通常、取引明細書や顧客宛ての通知文書に記載されています。

SWIFTコードはどのようにして確認できますか?

国際送金を行う場合、手元のSWIFTコードが正しいかどうかを確認する必要があります。誤りがあると、送金に遅延が発生したり、送金が送り返されたりする可能性があります。誤った口座に送金されてしまうこともあり得ます。

お手元のSWIFTコードを受取人と再確認してください。銀行/支店コードをGoogleで検索したり、こちらの便利なSWIFTチェッカーツールを利用したりすることができます。

IBANコードまたはSWIFTコードは必要ですか?

国際送金先に応じて、IBAN、SWIFTコード、またはその両方のコードが求められます。取引にIBANを使用する場合は、オンラインのIBAN計算機またはIBANバリデーターを使ってコードの変換と確認を行うことができます。

IBANはSWIFTコードと同じように動作しますが、世界的には使用されていません。IBANは一般的にヨーロッパ地区や中東地区などへの送金に要求されますが、北アメリカ地区やオーストラリア地区では使用されていません。送金先の国が指定する要件を確認し、安全に早期を処理するため必要となるすべての情報を確認するようにしてください。

SWIFTコードの登録は国際銀行間通信協会(SWIFT)が管理しており、その本部はベルギーのラ・ユルプに設置されています。SWIFTは、Avenue Adèle 1, B-1310 La Hulpe, Belgiumの登録住所の下に登録されているS.W.I.F.T. SCRLの登録商標です。